Home   Edit Unfreeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

Yoshikawa

Last-modified: 2018-08-27 (月) 22:31:36
Top_page / Yoshikawa

Member

吉川 尚孝

 
 

日本学術振興会特別研究員PD

3ヶ月間、カナダ・アルバータ大学で研究しています
追記)帰国して、東京大学島野研に移動しました。
http://thz.phys.s.u-tokyo.ac.jp/members.html

e-mail: yoshikawa[at]thz.phys.s.u-tokyo.ac.jp

 

下記は古い情報です(~2018)

 

room #126(理学部5号館126号室)

 

好きな球団:ヤクルト

 

Research Interests:

  • Monolayer materials

Publication

  1. Keiichiro Shiraga, Yuichi Ogawa, Koichiro Tanaka, Takashi Arikawa, Naotaka Yoshikawa, Masahito Nakamura, Katsuhiro Ajito, and Takuro Tajima
    "Coexistence of Kosmotropic and Chaotropic Impacts of Urea on Water As Revealed by Terahertz Spectroscopy"
    J. Phys. Chem. B, 122 (3), 1268 (2018).
    http://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/acs.jpcb.7b11839

  2. Naotaka Yoshikawa, Tomohiro Tamaya, Koichiro Tanaka
    "High-harmonic generation in graphene enhanced by elliptically polarized light excitation"
    Science 356, 736 (2017).
    https://doi.org/10.1126/science.aam8861
    see also http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/170519_4.html
    http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP445651_S7A520C1000000/?au=0

  3. Naotaka Yoshikawa, Shuntaro Tani, and Koichiro Tanaka
    "Raman-like resonant secondary emission causes valley coherence in CVD-grown monolayer MoS2"
    Phys. Rev. B 95, 115419 (2017).
    https://doi.org/10.1103/PhysRevB.95.115419

  4. N. Yoshikawa, H. Hirori, H. Watanabe, T. Aoki, T. Ihara, R. Kusuda, C. Wolpert, T. K. Fujiwara, A. Kusumi, Y. Kanemitsu, and K. Tanaka
    "Biexciton state causes photoluminescence fluctuations in CdSe/ZnS core/shell quantum dots at high photoexcitation densities"
    Phys. Rev. B 88, 155440 (2013).
    http://doi.org/10.1103/PhysRevB.88.155440

Presentations at International Conferences

  1. Kohei Nagai, Naotaka Yoshikawa, and Koichiro Tanaka
    “High-order sideband generation under circularly polarized light excitation in monolayer transition metal dichalcogenides”
    IRMMW-THz 2018, Nagoya, Japan, 9/2018, poster presentation

  2. Kohei Nagai, Naotaka Yoshikawa, and Koichiro Tanaka
    "Polarization selection rule of high-order sideband generation in transition metal dichalcogenides"
    the XXI International Conference on Ultrafast Phenomena, Hamburg, Germany, 7/2018, Poster presentation

  3. Naotaka Yoshikawa, Kohei Nagai, Yuhei Takaguchi, Shogo Sasaki, Yasumitsu Miyata, Koichiro Tanaka
    "High-Harmonic Generation Controlled by Valley-Polarization in Transition Metal Dichalcogenide Monolayers"
    the XXI International Conference on Ultrafast Phenomena, Hamburg, Germany, 7/2018, Oral presentation

  4. Kento Uchida, Kohei Nagai, Naotaka Yoshikawa, Koichiro Tanaka
    "Coherent phonon generation in extremely nonlinear regime"
    the XXI International Conference on Ultrafast Phenomena, Hamburg, Germany, 7/2018, Oral presentation

  5. Kento Uchida, Kohei Nagai, Naotaka Yoshikawa, Koichiro Tanaka
    "Coherent phonon generation with intense MIR irradiation"
    The 12th International Conference on Excitonic and Photonic Processes in Condensed Matter and Nano Materials (EXCON 2018), Nara, Japan, 7/2018, poster presentation

  6. N. Yoshikawa, K. Nagai, and K. Tanaka
    "High-harmonic generation in monolayer transition metal dichalcogenides"
    TERAMETANANO-3, oral
    Uxmal, Mexico 25-29 March 2018

  7. N. Yoshikawa, T. Tamaya, and K. Tanaka
    "Higher-order harmonic generation in monolayer materials"
    PIPT6, oral
    Sendai, Japan 4-9 June 2017

  8. N. Yoshikawa, T. Tamaya, and K. Tanaka
    "High-harmonic generation in monolayer materials"
    OTST2017, oral
    London, UK 2-7 April 2017

  9. N. Yoshikawa, S. Tani, and K. Tanaka
    "Excitonic valley coherence with resonant excitation in monolayer MoS2"
    ICSCE 8, poster 29
    Edinburgh, Scotland 25-29 April 2016

  10. N. Yoshikawa, H. Hirori, H. Watanabe, T. Aoki, R. Kusuda, C. Wolpert, and K. Tanaka
    "Generation of trions in CdSe/ZnS core/shell quantum dots under high-density excitation"
    OECS 13, poster PA9
    Rome, Italy 9-13 September 2013

Presentations at Japanese Domestic Conferences

  1. 時間分解X線回折による銅酸化物超伝導体La2-xSrxCuO4の光励起結晶構造ダイナミクス
    吉川尚孝, 丹羽宏彰, Dongjoon Song, 永崎洋, 玉作賢治, 田中義人, 大沢仁志, 久保田雄也, 山本航平, 山神光平, 平田靖透, 和達大樹, 島野亮
    日本物理学会 2018年秋季大会 口頭発表(同志社大学)9pB106-2, 2018年9月9-12日

  2. La2-xSrxCuO4の光励起非平衡状態におけるc軸テラヘルツ応答のドープ濃度依存性
    丹羽宏彰, 吉川尚孝, Dongjoon Song, 永崎洋, 島野亮
    日本物理学会 2018年秋季大会 口頭発表(同志社大学)9pB106-1, 2018年9月9-12日

  3. 銅酸化物超伝導体La2-xSrxCuO4のテラヘルツ帯光励起非平衡ダイナミクス
    丹羽宏彰, 吉川尚孝, 泊開人, 松永隆佑, Dongjoon Song, 永崎洋, 島野亮
    日本物理学会 第73回年次大会 口頭発表(東京理科大学)24pK502-6, 2018年3月22-25日

  4. 単層遷移金属ダイカルコゲナイドにおける高次サイドバンド生成
    永井恒平, 吉川尚孝, 田中耕一郎
    日本物理学会 第73回年次大会 口頭発表(東京理科大学)23pK501-3, 2018年3月22-25日

  5. 単層MoSe2における励起子の高密度励起効果
    草場哲, 吉川尚孝, 田中耕一郎
    日本物理学会 2017年秋季大会 ポスター発表(岩手大学)23pPSA-69, 2017年9月21-24日

  6. 1T-TaS2 単一原子層薄膜の光学応答
    中野愛子, 草場哲, 吉川尚孝, 田中耕一郎
    日本物理学会 2017年秋季大会 ポスター発表(岩手大学)23pPSA-68, 2017年9月21-24日

  7. 単層MoSe2の非線形光学分光
    永井恒平, 吉川尚孝, 草場哲, 田中耕一郎
    日本物理学会 2017年秋季大会 ポスター発表(岩手大学)23pPSA-43, 2017年9月21-24日

  8. グラフェンの高次高調波発生における緩和の影響
    田中耕一郎, 玉谷知裕, 吉川尚孝
    日本物理学会 2017年秋季大会 口頭発表(岩手大学)21pB21-10, 2017年9月21-24日

  9. 窒化ホウ素結晶基板上に成長させた単層MoS2の偏光分解発光分光
    草場哲, 吉川尚孝, 齊藤哲輝, 渡邊賢司, 谷口尚, 宮田耕充, 田中耕一郎
    日本物理学会 第72回年次大会 口頭発表(大阪大学)18aB21-9, 2017年3月17-20日

  10. 単原子層物質の高次高調波発生II
    田中耕一郎, 吉川尚孝, 玉谷知裕
    日本物理学会 第72回年次大会 口頭発表(大阪大学)17pB14-8, 2017年3月17-20日

  11. 単原子層物質の高次高調波発生I
    吉川尚孝, 佐々木将悟, 高口裕平, 宮田耕充, 田中耕一郎
    日本物理学会 第72回年次大会 口頭発表(大阪大学)17pB14-7, 2017年3月17-20日

  12. 単層WSe2の励起子発光における共鳴ラマン効果
    草場哲, 吉川尚孝, 田中耕一郎
    日本物理学会 第71回年次大会 ポスター発表(東北学院大学)21pPSA-49, 2016年3月19-22日

  13. 単層MoS2におけるバレーコヒーレンスの起源
    吉川尚孝, 谷峻太郎, 田中耕一郎
    日本物理学会 第71回年次大会 口頭発表(東北学院大学)20pBE-6, 2016年3月19-22日

  14. 単層WSe2の偏光分解共鳴ラマン分光
    草場哲, 吉川尚孝, 田中耕一郎
    第26回光物性研究会 ポスター発表(神戸大学)III A-91, 2015年12月11-12日

  15. 空間分解発光測定によるInGaN/GaN多重量子井戸の動的遮蔽効果の研究
    寺尾顕一, 吉川尚孝, Dmitry Turchinovich, 田中耕一郎
    第26回光物性研究会 ポスター発表(神戸大学)II A-55, 2015年12月11-12日

  16. 単層MoS2における共鳴ラマン散乱の偏光選択則
    吉川尚孝, 谷峻太郎, 田中耕一郎
    日本物理学会2015年秋季大会 ポスター発表(関西大学)18pPSA-73, 2015年9月16-19日

  17. 動的遮蔽効果を伴う発光の空間不均一性の観測
    寺尾顕一, 吉川尚孝, 田中智子, Francois Blanchard, Dmitry Turchinovich, 田中耕一郎
    日本物理学会2015年秋季大会 口頭発表(関西大学)18aCF-5, 2015年9月16-19日

  18. 光注入型パラメトリック発生器を用いた固体のテラヘルツ非線形分光
    吉川尚孝, 村手宏輔, 白神慧一郎, 小川雄一, 川瀬晃道, 田中耕一郎
    日本物理学会 第70回年次大会 口頭発表(早稲田大学)22aCP-3, 2015年3月21-24日

  19. 単層MoS2における直線偏光発光の励起エネルギー依存性
    吉川尚孝, 谷峻太郎, 田中耕一郎
    日本物理学会2014年秋季大会 口頭発表(中部大学)7aAD-3, 2014年9月7-10日

  20. CdSe/ZnS コアシェル量子ドットにおける 2つの明滅メカニズム
    吉川尚孝, 廣理英基, 渡邊浩, 青木隆朗, 井原章之, Christian Wolpert, 金光義彦, 田中耕一郎
    第24回光物性研究会 ポスター発表(大阪市立大学)Ⅱ A-63, 2013年12月13-14日

  21. CdSe/ZnS 単一量子ドットにおける高強度励起下でのトリオン生成
    吉川尚孝, 廣理英基, 渡邊浩, 青木隆朗, 井原章之, Christian Wolpert, 金光義彦, 田中耕一郎
    日本物理学会2013年秋季大会 口頭発表(徳島大学)26aDB-6, 2013年9月25-28日

  22. CdSe/ZnS 単一量子ドットにおける明滅現象の 励起光強度依存性
    吉川尚孝, 渡邊浩, 廣理英基, 青木隆朗, 田中耕一郎
    日本物理学会第68回年次大会 口頭発表(広島大学)27pEJ-10, 2013年3月26-29日