Home   Edit Unfreeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

Research

Last-modified: 2009-05-16 (土) 06:43:07
Top_page / Research

最新の研究成果

Resent results

 

 

研究内容

  テラヘルツ波などの新しい光源や超高速レーザーをもちいた新しい分光法を開発、駆使して、固体、液体などの凝縮状態の基底状態や励起状態、光エネルギーの変換過程を解明する。また、光と物質の相互作用を利用して新奇な物性を導く手法やそれに適した物質群の研究もおこなっている。  現在進行中の研究プロジェクトは大きく分けて以下の5つである。

  • 光誘起相転移現象の解明
  • 超短パルスレーザーを用いた超高速過渡現象
  • テラヘルツ放射をもちいた新分光法の開拓
  • 強誘電体や強磁性体の相転移現象を解明するための新しいレーザー分光法の開拓
  • パルス磁気共鳴法による機能性発光材料の研究
  • 半導体における励起状態の量子現象

進行中の主な大型研究プロジェクト

研究紹介① テラヘルツ電磁波を用いた分光と物質制御

研究紹介② 酸化物の光制御・光応答

研究紹介③ スピンクロスオーバー錯体の光誘起相転移現象