Home   Edit Unfreeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

Hiraoka

Last-modified: 2019-09-10 (火) 19:07:41
Top_page / Hiraoka

Member

平岡友基 Tomoki HIRAOKA 

IMG_3392_のコピー.JPG IMG_4338_のコピー.JPG 
myFace.jpg

D1 student

連絡先と居室 Email Adress & Room

Email: hiraoka.tomoki.68w[at]st.kyoto-u.ac.jp

Adress: #123, Graduate School of Science Bldg. No.5, Kyoto Univ.

京都大学 理学研究科5号館 123号室

趣味・特技 Hobby & Skills 

バスケ/Basketball

囲碁三段/Go, 3d(Asian traditional board game)

機械設計/Mechanical design

研究テーマ Research Topics

"Electron dynamics of tunneling system under THz electric field"

「量子トンネル系におけるテラヘルツ光電場下の電子ダイナミクスの解明」

 

電波と可視光の中間にある「テラヘルツ周波数帯域」の光(テラヘルツ光)は、

非破壊検査や超高速通信への応用が期待されています。

近年、安価な半導体デバイスによるテラヘルツ光の発生・検出が可能になってきました。

このデバイス中での物理現象の理解および性能向上を目指しています。

https://youtu.be/GbkB2pjwVpo

田中先生のACCELプロジェクト紹介の動画が分かり易いです。

"ACCEL" ― 研究プロジェクトの紹介 Introduction of Our Project

  • 研究開発課題:半導体を基軸としたテラヘルツ光科学と応用展開
    R&D Project:Terahertz optical science and technology in semiconductors

研究業績 Research Achievement

学術論文 Publications

国際会議 Presentations at international conferences

  1. T. Hiraoka, T. Arikawa, H.Ito, K. Takana,
    "Injection Locking of Resonant Tunneling Diode Oscillator
    with a Single-Frequency Terahertz Wave"
    IRMMW-THz 2019, Paris, France, September, 2019, Poster
    received GdR NanoTeraMir Best Poster Award
  2. ○T. Arikawa, S. Morimoto, T. Hiraoka, F. Blanchard, K. Sakai, K. Sasaki, K. Tanaka
    "Control of Spoof Localized Surface Plasmons Using Terahertz Near-field Microscope"
    CLEO 2018, California, US, May, 2018, Oral
  3. ○F. Blanchard, T. Hiraoka, T. Arikawa, S. Tani, T. Tanaka, K. Tanaka
    "Visualization and Manipulation of Terahertz Light in the Near-Field"
    ICUWB 2015, Montreal, Quebec, Canada, October, 2015, Oral

国内会議(口頭) Presentations at domestic conferences, oral

  1. 平岡友基, 有川敬, 伊藤弘, 田中耕一郎
    「共鳴トンネルダイオードにおける狭帯域テラヘルツ光を用いた注入同期」
    第 66 回応用物理学会春季学術講演会(東京工業大学) , 11a-S421-3, 3/2019
  2. 平岡友基, 谷峻太郎, 有川敬, 田中智子, 田中耕一郎
    「テラヘルツ周波数の光渦による擬似局在表面プラズモンの角運動量選択励起」
    日本物理学会第 70 回年次大会(早稲田大学) , 21pCN-11, 3/2015
  3. 平岡友基, 谷峻太郎, 有川敬, 田中耕一郎
    「テラヘルツ領域におけるラゲールガウスビームの生成と位相分布の直接測定」
    第 74 回応用物理学会秋季学術講演会(同志社大学), 17a-A14-8, 9/2013
  4. 平岡友基, 谷峻太郎, 有川敬, 田中耕一郎
    テラヘルツ領域におけるラゲールガウスビームの生成と位相分布の直接測定
    日本物理学会 2013 年秋季大会(徳島大学), 27aBA-6, 9/2013

国内会議(ポスター) Presentations at domestic conferences, poster

  1. 平岡友基, 谷峻太郎, 有川敬, 田中智子, 田中耕一郎
    「テラヘルツ周波数の光渦による擬似局在表面プラズモンの角運動量選択励起」
    第 25 回光物性研究会(神戶大学), IIA-43, 11/2014
  2. 平岡友基, 谷峻太郎, 有川敬, 林伸一郎, 南出泰亜, 田中耕一郎
    「らせん状位相板を用いて生成した軌道角運動量を持つテラヘルツ光の二次元分布測定」
    日本物理学会 第 69 回年次大会(東海大学) 29pPSA-40 3/2014
  3. 平岡友基, 谷峻太郎, 有川敬, 田中智子, 林伸一郎, 南出泰亜, 田中耕一郎
    「テラヘルツ領域における光渦の生成と位相分布の直接測定」
    第 61 回応用物理学会春季学術講演会(⻘山学院大学), 17a-PA2-8, 3/2014
  4. 平岡友基, 谷峻太郎, 有川敬, 田中耕一郎
    「テラヘルツ領域における光渦の生成と位相分布の直接測定」
    日本分光学会テラヘルツ分光部会シンポジウム テラヘルツ分光法の最先端VII(京都大学)
    P-19, 10/2013

特許 Patent

  1. Three patent pending (related to mechanical design)

その他 others

  1. ○第11回 宝酒造杯囲碁クラス別チャンピオン戦 4段戦 3勝2敗, 11/2018
  2. T. Hiraoka, "Cheers greetings" , Wedding party of my friend, Kobe, 6/2018

経歴 History

2015.3 京都大学理学研究科 修士課程修了

光物性研究室にて、テラヘルツ光や光渦、プラズモニクスをキーワードとした研究を行なった

2015.4 (株)島津製作所 入社

機械設計の立場で製品開発に携わる

2018.3 (株)島津製作所 退職

2018.4 京都大学理学研究科 博士課程入学

光物性の専門性を深めたいと考え入学、博士号の取得を目指している

2015.3 Completed master course in the department of physics, Kyoto Univ.

Master thesis was related to THz wave, optical vortex and plasmonics

2015.4 Entered Shimadzu corporation

Worked on product development as mechanical designer

2018.3 Left Shimadzu company

2018.4 Entered the doctor course in the department of physics, Kyoto Univ.

Programming(Igor Pro)

  連番の名前がついた一連のファイルをロードする等

  一連のwaveをグラフにする等

  一連のグラフを画像データとして保存する、一連のwindowをkillする等

  自作のマクロ中で使っているutility

・4つのipfを全部読み込んで使う前提になっています(汗)

写真 Photos

 
IMG_0762のコピー.JPG
 
Board game, China town, Singapore
 
IMG_9079のコピー.JPG
 
Genovese, Genova, Italy
 

More information coming soon!