Home   Edit Unfreeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

MINOWA_Yosuke

Last-modified: 2010-05-03 (月) 22:06:28
Top_page / MINOWA_Yosuke

MINOWA Yosuke

My page has moved to new location@April 2011

kanji_name2.png
 

Doctor of Science, Kyoto University 2010

e-mail: minowa@...(add scphys.kyoto-u.ac.jp after @)

room #134

Research Interests: Terahertz, metamaterials, magnetism, ...

 
 
designed by HISHIDA Mafumi

(designed by HISHIDA Mafumi.)

Publications

  1. Y. Minowa, T. Fujii, M. Nagai, T. Ochiai, K. Sakoda, K. Hirao, and K. Tanaka,
    "Evaluation of effective electric permittivity and magnetic permeability in metamaterial slabs by terahertz time-domain spectroscopy,"
    Opt. Express 16, 4785-4796 (2008).
    http://www.opticsinfobase.org/abstract.cfm?URI=oe-16-7-4785
  2. M. Shimizu, Y. Shimotsuma, M. Sakakura, T. Yuasa, H. Homma, Y. Minowa, K. Tanaka, K. Miura, and K. Hirao,
    "Periodic metallo-dielectric structure in diamond,"
    Opt. Express 17, 46-54 (2009).
    http://www.opticsinfobase.org/oe/abstract.cfm?URI=oe-17-1-46

Presentations at International Conferences

  1. Y. Minowa, T. Nishihara, K. Hosoki, and K. Tanaka,
    "Extraordinary Transmission of Terahertz Electromagnetic Waves through 2-Dimensional Metallic Photonic Crystal,"
    Photonic Metamaterials: From Random to Periodic (META), Grand Island, The Bahamas, 5-8th June, 2006
  2. Y. Minowa, T. Fujii, M. Nagaai, K. Hirao, and K. Tanaka,
    "Evaluation of Effective Electric Permittivity and Magnetic Permeability in Metamaterial Parallel Slab and Importance of the Skin Effect,"
    Photonic Metamaterials: From Random to Periodic (META), Jackson Hole, Wyoming, USA, 4-7th June, 2007
  3. Y. Minowa, M. Nagaai, H. Tao, Z. Zhang, R. D. Averitt and K. Tanaka,
    "Surface polariton resonance in two-dimensional electric and magnetic metamaterials,"
    International Workshop on Optical Terahertz Science and Technology 2009 (OTST 2009), Santa Barbara, California, USA, 7-11th March, 2009

Publications in Japanese

  1. "メタマテリアル薄膜の実効的誘電率・透磁率の決定"
    永井正也、蓑輪陽介、田中耕一郎
    メタマテリアル-最新技術と応用- 石原照也監修(シーエムシー出版 2007)pp. 102-110.

Presentations at Japanese Domestic Conferences

  1. スピンクロスオーバー錯体のテラヘルツ時間領域分光
    蓑輪陽介, 渡辺浩, 市川雄貴, 矢田祐之, 永井正也, Nawel Ould Moussa, Azzedine Bousseksou, 田中耕一郎
    日本物理学会2005年秋季大会(同志社大学), 2005年9月19-22日
  2. テラヘルツ領域における2次元金属フォトニック結晶の異常透過現象
    蓑輪陽介, 西原大志, 細木弘真, 田中耕一郎
    日本物理学会第61回年次大会(愛媛大学, 松山大学), 2006年3月27-30日
  3. テラヘルツ領域における2次元金属フォトニック結晶の光学定数
    蓑輪陽介, 西原大志, 細木弘真, 永井正也, 田中耕一郎
    ナノ学会第4回大会(京都大学), 2006年5月19-21日
  4. テラヘルツ時間領域分光法によるメタマテリアルの実効的誘電率・透磁率の決定
    蓑輪陽介, 藤井高志, 永井正也, 迫田和彰, 平尾一之, 田中耕一郎
    第67回応用物理学会学術講演会(立命館大学), 2006年8月29日ー-9月1日
  5. テラヘルツ時間領域分光法によるメタマテリアルの実効的誘電率・透磁率の決定
    蓑輪陽介, 藤井高志, 永井正也, 平尾一之, 田中耕一郎
    シンポジウム「テラヘルツ分光の最先端 -テラヘルツ分光で見えるもの見えないもの-」, 2006年11月2日-11月3日
  6. テラヘルツ時間領域分光法を用いたメタマテリアル薄膜の実効的誘電率, 実効的透磁率の決定
    蓑輪陽介, 藤井高志, 永井正也, 平尾一之, 田中耕一郎
    第17回光物性研究会, 2006年12月8-9日
  7. テラヘルツ時間領域分光法によるメタマテリアルの実効的誘電率, 実効的透磁率の決定
    蓑輪陽介, 藤井高志, 永井正也, 迫田和彰, 落合哲行, 平尾一之, 田中耕一郎
    日本物理学会2007年春季大会(鹿児島大学), 2007年3月18-21日
  8. テラヘルツ時間領域分光法によるメタマテリアルの実効的光学定数の決定
    蓑輪陽介, 藤井高志, 永井正也, 平尾一之, 田中耕一郎
    2007年度21世紀COE全体シンポジウム(京都大学), 2007年10月1-3日
  9. 2次元メタマテリアルにおける表面ポラリトン励起
    蓑輪陽介, 永井正也, Hu TaoB, Xin Zhang, Richard D. Averitt, 田中耕一郎
    日本物理学会第64回年次大会(立教大学, 立教池袋中学校・高等学校), 2009年3月27-30日
  10. メタマテリアル薄膜におけるエヴァネッセント光の増幅
    蓑輪陽介, 永井正也, Hu Tao, Kebin Fan, Xin Zhang, Richard D. Averitt, 田中耕一郎
    日本物理学会第65回年次大会(岡山大学)21pHL-4, 2010年3月20日-23日

O伝説

 

2006/12/27
「Oさん(自分のこと)と呼びますよ!」

 
  • かつて研究室に在籍したOさんの伝説的発言、行動を記したもの。
  • 純粋に学術的興味に基づく記録であるため、真摯な気持ちで読むこと。
  • このページを読み込むごとにランダムに表示。
     
     
    Recent updates!

2009/10/5

「伝説上の生き物っていうのは、あれだろ龍とか辰とか」

 

2009/10/5

Oさん「最近は色々忙しいからなー。暇になったら、復活させるから」

学生「何が復活するんですか?」

Oさん「俺が」

 

Links

Scientific Journals

Databases

Activities

便利サイト