Home   Edit Unfreeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

研究活動の実績/解説

Last-modified: 2009-05-08 (金) 10:19:32

「LiNbO3を用いた高強度広帯域モノサイクルテラヘルツ電磁パルス発生」

永井正也, 田中耕一郎、レーザー研究, 37, (5) 350-354(2009).

 

「テラヘルツ分光で何が見えるか」

田中耕一郎、セラミック、42、4月号 (2007)

 

「テラヘルツ分光が切り開く材料科学」

田中耕一郎、月刊オプトロニクス, 26, 2月号(2007)

 

「テラヘルツ時間領域分光法」

斗内政吉、田中耕一郎、電子情報通信学会誌、80, (6) 474-480(2006)

 

「テラヘルツ時間領域分光の基礎と応用」

永井正也, 田中耕一郎, 応用物理 2006年2月号

 

「アミノ酸水溶液におけるテラヘルツ時間領域全反射減衰分光」

永井正也, 田中耕一郎, レーザー研究, 33 (12) (2005)

 

「時間領域テラヘルツATR分光」

広理英基, 永井正也, 田中耕一郎 , 分光研究, 53, (6) 361-363 (2005)

 

「物質・現象・新技術(7) 光誘起相転移」

田中 耕一郎、月刊オプトロニクス, 24, 7月号 209-216(2005)

 

「テラヘルツ時間領域分光の基礎」

永井正也, 田中耕一郎 月刊オプトロニクス, 23, (11) 141-145 (2004)

("光センシング技術資料集 -バイオフォトニクスを中心に- pp 219-223" (オプトロニクス社, 2006年10月) として出版)

 

「光によって創られる物質の巨視的秩序」

田中耕一郎、応用物理 72, 697 (2003)

 

「スピンクロスオーバー錯体の光誘起相転移と新しい物質相の創成」

太野垣 健、田中耕一郎, 表面科学 23, 688 (2002)

 

「フェムト秒時間分解ラマン散乱でみた半導体励起状態のダイナミックス」

田中耕一郎、平尾一之、固体物理 Vol. 30 (1995), 831-842

 

「室温ホールバーニングの研究動向」

田中耕一郎、末元徹、平尾一之、応用物理 Vol. 65 (1996), 58-62