Home   Edit Unfreeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

研究活動の実績/修士論文

Last-modified: 2012-06-12 (火) 09:37:26
Top_page / 研究活動の実績 / 修士論文

2011年度

「ショ糖単結晶における分子間振動モード」 足立 安比古

「コアシェル型半導体ナノ量子ドットCdSe/ZnSの点滅現象」 楠田 良介

「ダイヤモンドにおける励起子微細構造を利用した冷却電子正孔系の実現」挾間 優治

「p 型半導体 Ge:Ga のテラヘルツ非線形分光」 向井 佑


2010年度

「スピネル型マルチフェロイクスCoCr2O4の低エネルギー励起」 石川 哲也

「スピンクロスオーバー錯体の相転移過程における空間ダイナミクスの光照射効果」 大西 義人

「ダイヤモンドナノチップの3次元ラマン分光」 平林 肇


2009年度

「半導体量子構造におけるテラヘルツ非線形光学」 篠北 啓介

「有機導体(CHTM-TTP)2TCNQの超高速分光」 鈴木 達也

「高密度光励起半導体のテラヘルツ応答」 谷 峻太郎


2008年度

「構造相転移を伴うスピンクロスオーバー錯体[FeH2L2-Me](PF6)2における光誘起スピン転移ダイナミクス」 江口 輝

「Ti4O7の電荷秩序相における光誘起協同効果」 宮原 正明

「有機電荷移動錯体(EDO-TTF)2PF6の時間分解赤外分光」 林 優二郎


2007年度

「四核スピンクロスオーバー錯体[Fe4(CN)4(bpy)4(tpa)2](PF6)4 における光誘起スピン転移ダイナミクス」 西原 大志

「マルチフェロイクスBiFeO3 薄膜の超高速分光」 湯浅 孝男

「有機電荷移動錯体(EDO-TTF)2PF6 の赤外分光」 奥村 昌平

「LiドープKTaO3における四光皮混合」 堂本 達也


2006年度

「テラヘルツ領域における金属ワイヤグリッドメタマテリアルの研究」 蓑輪 陽介

「スピンクロスオーバー錯体Fe(pyrazine)[Pt(CN)4]における光誘起スピン転移ダイナミクス」 横山 悟司

「ペロブスカイト型酸化物 BiMnO3の強磁性転移近傍における光散乱」 川口 徹


2005年度

「テラヘルツ領域における分子の光学応答に対する水和効果」 有川 敬

「テラヘルツ時間領域分光法による水の動的構造の研究」 矢田 祐之

「スピンクロスオーバー錯体Fe(ptz)6(BF4)2における相転移ダイナミクスの研究」 渡辺 浩

「」 谷村


2004年度

「超短パルスレーザを用いたフォノンスクイズド状態の生成」 大井万史

「アミノ酸結晶におけるテラヘルツ振動モードの非調和性」 山下功美子

「相転移現象におけるテラヘルツ振動モードの時系列変化の観測」 山下純平


2003年度

「SrTi(18)O3における酸素八面体の回転と強誘電性」 古河裕範

「協同性の強いスピンクロスオーバー錯体の光誘起相転移」 毛利真一郎

「リラクサー強誘電体Sr1-xCaxTiO3における電子励起状態と光誘電効果」 山田泰裕


2002年度

「KaTaO3のTHz時間領域分光」 市川雄貴

「量子誘電体タンタル酸カリウムによるラマン散乱」 奥田雄介

「InPにおけるコヒーレントフォノン生成機構の解明」 田広恭幸


2001年度

「量子常誘電体KTaO3における低周波ダイナミクス」 片山郁文

「SrTiO3のTHz時間領域分光」 出来裕香里

「フェムト秒レーザーによる多光子光電子分光」 三澤智也


2000年度

「チャープ制御パルスによるコヒーレントフォノン生成過程」 柳和宏

「電子スピン共鳴法による光誘起相転移の研究」 米村直樹

「ZnSe/ZnMgSSe量子井戸における高密度励起子系の動力学」 若井良平


1999年度

「Spin-Crossover錯体における光誘起相転移」 太野垣健・・・Abstract(pdf)28.6KB

「ZnSe量子井戸における高密度励起効果」 畑岡慎一郎


1998年度

「ZnSe量子井戸における四光波混合」 伊藤昭博

「トランスアゾベンゼン単結晶の基礎光学特性」 高橋憲生

「SrTiO3の電子励起状態と光誘起相転移の可能性」 長谷川智晴


1997年度

「擬一次元半導体ピペリジニウム鉛ハライドの光学的性質」 東純平・・・Abstract(pdf)204KB, Complete Text(pdf)1.56MB

「ZeSe/ZnMgSSe量子井戸における励起子発光の高密度励起効果」 安藤亨

「」守田正人


1995-1990年度(加藤研究室)

1989-1967年度(中井研究室)

1966-1954年度(新制内田研究室)

1953-1946年度(旧制内田研究室)

1941-1945年度: 太平洋戦争中は卒業論文はなかったらしい。

1940-1923年度(旧制木村研究室)